クルマに引き蘢りたいくらいに現代社会はマッドだ・・・

少しでもイヤなことがあると、クルマでどこか遠くへ行きたくなる衝動に駆られます。リハビリのためにブログなど書いてみようかなと・・・

静かな「レクサス」はいい!けど「アテンザ」と「ゴルフ」もいい!

  やっぱりクルマに「リフレッシュ効果」を求めるならば、非日常を追求したオープンカーなんかがいいのかなと思うのですが、全開にして走れるエリアまで毎週移動するのが「めんどくさい」と感じるようになったら悲劇。東京からだと、秩父奥多摩、箱根辺りになるわけですが、毎週「通え」ますか?

 

  もっと身近に深夜の第三京浜や環八などを音楽を聴きながら、気ままに走るのもなかなかリフレッシュ効果は非常に高いです。しかしクルマってどの程度静粛性が保たれているかカタログ見るだけではまったく分らないのが困りものです。トヨタからマツダに乗り換えて、まあいろいろとクルマの作りが違うと感じるわけですが、一番の違いは静粛性とオーディオの聞こえ方。もちろんマツダの方がグレードの高いクルマなんですが、その違いは歴然でした。

 

  「静かなクルマ」ってまあ別荘みたいなものです。ドアを閉めると外界の音が遮断されて、誰にも邪魔されずに好きな音楽を聴いて、好きな景色を楽しむ。そう考えると300万円+維持費が月4〜5万円も妥当な金額。これで精神衛生が保てるならばむしろ安いくらいでしょうか。

 

  トヨタはこの「別荘」カーに値打ちをつけて「レクサス」として売っています。トヨタブランドでは味わえない極上空間が欲しいなら「レクサス」を買いなさいってことです。ご丁寧にトヨタのフラッグシップのクラウンはモデルチェンジの度に静音性が低くなっています。レクサスの価値を解り易くしたいという狙い?

 

  また「別荘」カーという意味では、メルセデスBMWもポルシェの商品価値は限りなくゼロに近いです。BMW3シリーズなんてアイドリングストップ(エンジン停止)しても、アイドリング状態のレクサスISに勝てないという屈辱の結果まで出ています。ターボエンジンでもランフラットタイヤによるロードノイズでもなく、車体の静音性でレクサスに完全に負けているわけです。もちろんBMWの走りの楽しさならば評価する人は多いですけど、「別荘」としての投資価値は低いです。

 

  ただレクサスとなると300万円というわけにはいきません。そこで300万円でも十分に静かと言われているのが、マツダアテンザVWゴルフ。マツダファンの私としては、車内が広いアテンザがよりベターだと思いますが、出費を最小限に抑えたいならゴルフもいいかもですね。まあレクサスにとっては「目の上のたんこぶ」みたいなクルマです。

 

リンク

BMWオーナーズ・マニュアル

エクスターミネーター(XTRMNTR)

最新投稿まとめブログ